成田空港CS協議会の取り組み

 成田空港CS協議会では、お客様へのサービスレベル向上を主な課題とし、以下のような取り組みを実施しています。

CS Award

 「CS Award」は、お客様に素晴らしいサービスを提供した空港スタッフや、成田空港のCS向上に貢献したスタッフを表彰する制度です。4半期ごとに開催する「Seasonal CS Award」と2月頃に開催する「CS Award年間グランプリ」があります。
 ターミナル内に設置されている推薦用紙や、電子メール、感謝のお手紙など、お客様から寄せられたご意見をもとに、成田空港CS協議会で選考しています。

CS Awardの詳細

CSセミナーの開催

 空港スタッフを対象に、外部講師をお招きし、「言語・文化」「おもてなしの心」「第一印象の大切さ」などをテーマにした講義や、ご高齢者やお身体の不自由な方への気持ちを理解しながら学べる車椅子介助などの体験型セミナーを開催しています。
 「働きがい意識の向上」、「ビジネスマナー向上」にもフォーカスを当て、新たな自分が発見できる実践的なセミナーを開催し、国際空港の舞台に相応しいスタッフ育成に努めております。

CS PRONET

 CS PRONETは成田空港CS協議会の下部組織として、協議会の活動内容をフロントラインの隅々まで着実に浸透させるため、2005年に設置されました。各機関の若手が集まり、CS推進活動のリーダー的な役割を担い、CS向上のための企画や提案も行っています。
 活動の一環として、全空港スタッフに対してCS意識を高め合う雰囲気を醸成させるため、毎年メンバーでアイデアを出し合って「CS魂(スピリット)」と題したスローガンの策定を行っています。