着陸料・停留料

国際線

着陸料 (国際線)

航空機騒音インデックス
区分 A B C D E F
料金率(円/t) 1,550 1,650 1,750 1,850 1,950  2,000 

・国際線着陸料は、航空機の騒音レベルに応じて設定した料金率に、最大離陸重量(MTOW)を乗じて算出した額となります。なお、料金率は、上記表のとおり、航空機騒音インデックスの区分によって異なります。

・航空機騒音インデックスは、国際民間航空条約の附属書16の規定に基づいて証明を受けた航空機に適用され、各航空機は、同附属書第1巻第3章(ICAOチャプター3)に定められている3測定地点(離陸、側方、進入)の騒音基準値と比較した際の騒音レベルに応じて、AからFの6区分に分類されます。

・航空機は、下記表に示される各区分の、2つの基準を同時に満たす場合に、その区分に適合するとみなされます。

航空機騒音インデックス
区分
基準 A B C D E F
3測定地点におけるICAOチャプター3
基準からの 騒音低減の合計値(EPNdB)
20以上 15以上 10以上 5以上 0以上 A~E以外
3測定地点の各点におけるICAOチャプター3
基準値からの 騒音低減値(EPNdB)
4以上 3以上 2以上 1以上 0以上
備考
  • (1)料金の計算に使用する重量(最大離陸重量)の単位はトンとし、1トン未満は、1トンとして計算します。ヤードポンド法による計量単位により重量が表示されているときは、1,000ポンド当りO.45359243トンとして換算します。
  • (2)計算された料金が50,000円に満たない場合には、最低着陸料50,000円が適用されます。

停留料(国際線)

国際線停留料は、停留1回ごとに、下記の方法により算出されます。

  • (a)停留時間が6時間未満の場合:航空機の最大離陸重量に200円を乗じた額
  • (b)停留時間が6時間以上である場合:(a)に規定する額に加え、6時間以降24時間ごとに、(a)に規定する額と同額が加算されます。(24時間未満は、24時間として計算する)

国内線

着陸料(国内線)

1.算出方法

ターボジェット機の場合
国内線着陸料(ターボジェット機)は、次の(i)と(ii)の合計額となります。

(i) 航空機の最大離陸重量(MTOW)を、それぞれ次の各級に区分し、順次に各料金率を適用して計算した金額の合計額

25t以下 1,100円/t
26t〜100t 1,500円/t
101t〜200t 1,700円/t
201t以上 1,800円/t

(A) 3,400円×(航空機の離陸測定点及び進入測定点における騒音値の相加平均値 - 83)
※騒音値の単位はEPNdbとし、1EPNdb未満は1EPNdbとして計算する。

ターボジェット機以外の航空機の場合
国内線着陸料(ターボジェット機以外の航空機)は、航空機の最大離陸重量を、それぞれ次の各級に区分し、順次に各料金率を適用して計算した金額の合計額となります。

(a) 重量が6t以下の場合
  一律 1,000円

(b) 重量が6tを超える場合
 6t以下  700円(一律)
 7t以上 590円/t

2.軽減措置の適用

以下に該当する航空機は、1.により算出された金額に各軽減率を乗じた金額となります。

対象 軽減率
新千歳空港、大阪国際空港、福岡空港以外の飛行場を離陸した航空機 2/3 *
運航計画において、到着時刻を午前8時29分以前に設定している航空機 1/2 *
直前に沖縄島に所在する空港を離陸した航空機 5/6 (1/6)*
直前に離島に所在する飛行場を離陸した航空機 2/3 (1/6)*
  • ※①、②、③の( )、④の( )の軽減率は、他人の需要に応じ、有償で旅客または貨物の運送を行う場合に適用されます。
  • ※①〜④の条件に重複して該当する場合は、最も小さい軽減率のみ適用されます。(例:①と②のどちらにも当てはまる場合は、②の軽減率(1/2)のみ適用)
備考
  • (1)国内線着陸料は、算出された合計額が3,500円(回転翼航空機の場合は2,000円)に満たない場合には、最低着陸料の3,500円(回転翼航空機の場合は2,000円)が適用されます。
  • (2)国内線着陸料には、別途消費税が加算されます。
  • (3)料金の計算に使用する重量(最大離陸重量)の単位はトンとし、1トン未満は、1トンとして計算します。ヤードポンド法による計量単位により重量が表示されているときは、1,000ポンド当り0.45359243トンとして換算します。
<国内線着陸料 算出例>
  • 機種: B777-200(ターボジェット機)
  • 最大離陸重量:276t
  • 騒音値(離陸/進入):90.2/97.8 の場合

(i) @ (1,100円/t×25t) + A (1,500円/t×75t) + B (1,700円/t×100t) + C (1,800円/t×76t)
= @ 27,500円 + A112,500円 + B170,000円 + C136,800円 = 446,800円

25t以下 1,100円/t × 25t
26t〜100t 1,500円/t × 75t
101t〜200t 1,700円/t × 100t
201t以上 1,800円/t × 76t

(ii) 離陸点及び進入点における騒音値の平均値 = (90.2 + 97.8)×1/2 = 94EPNdb  
 3,400円 × (94 - 83) = 37,400円

着陸料合計 = (i) + (ii) = 446,800 + 37,400 = 484,200円(別途消費税を加算)

停留料(国内線)

国内線停留料は、停留時間が6時間以上の航空機について、その停留時間24時間ごとに、航空機の最大離陸重量に180円を乗じて得た額となります。(24時間未満は、24時間として計算)

備考
(1)
国内線停留料には、別途消費税が加算されます。
(2)
料金の計算に使用する重量(最大離陸重量)の単位はトンとし、1トン未満は、1トンとして計算します。ヤードポンド法による計量単位により重量が表示されているときは、1,000ポンド当り0.45359243トンとして換算します。