ENTRY & LOGIN

社長メッセージ

夏目 誠の写真

NARITAが変われば、日本が変わる。日本の成長戦略の一翼を担い、世界から選ばれる空港をめざす。

成田国際空港株式会社 代表取締役社長 夏目 誠 Makoto Natsume

今、大きく変わりゆく世界の空を見据えて

変わりゆく日本の空を、そして変わりゆく成田国際空港の未来を担わんとする皆さん。はじめまして、社長の夏目です。

現在、私たちを取り巻く環境は、急激かつ大きな変化を遂げつつあります。航空会社が各空港の路線や便数などを自由に決められる「オープンスカイ」の進展により、航空会社が空港を選ぶ時代が到来しています。また、低価格を強みとするLCC(ローコストキャリア)や、世界のエグゼクティブが利用するBJ(ビジネスジェット)など、航空サービスの多様化が進んでいます。その一方で、アジア各地では巨大なハブ空港の建設が進んでおり、空港間の競争も激化しています。

こうした変化の背景にあるのが、世界的な航空需要の高まりです。わが国においても、海外から国内、また国内から海外への旅客数や貨物数は増加の一途をたどっています。なかでも著しいのが、アジアなど近隣諸国からの観光旅行者の増大です。国内の経済活性化にも寄与することから、日本政府は「観光立国」を新たな成長戦略の一環と位置づけ、さらなる訪日旅行者の増加を促すために、成田を含めて国内の各空港に受入態勢のより一層の拡充を働きかけています。

国際拠点空港としての使命を果たし続けるために

開港以来最大とも言える変化のなかで、成田国際空港が国際拠点空港としての使命を果たし続けていくためには、お客様や社会のニーズを的確に捉え、ハード・ソフトの両面で進化し、お客様から“選ばれる空港”であり続けることが何よりも肝要だと考えています。

そこで、私たちは現在、さまざまな挑戦に取り組んでいます。まずは、空港の運営は何よりも安全が最優先です。安全性とサービス品質を徹底的に追求することで、お客様に世界最高水準と評される「高品質」な空港を目指しています。

また、空港の機能を強化し、航空会社のニーズに応えていくことで航空ネットワークの拡充を図り、「アジアでトップクラスの国際拠点空港としての地位の維持・強化」も目指しています。

もちろん、こうした施策を進めるにあたっては、周辺の地域社会への配慮が欠かせません。私たちは環境に配慮したやさしい空港をめざすとともに、地域社会の一員として、周辺の方々との信頼関係を築きながら、豊かで活力のある地域社会の実現に貢献することも大切な使命だと考えています。

変化に対応し、成田国際空港の未来を切り拓く人材を

私たちは、こうした挑戦にあたっての指針として「3Cシー1Oオー現場主義」を掲げています。これは、「Customer(お客様)-顧客満足を目指す」「Change(変化)-環境変化に的確に対応していく」「Challenge(挑戦)-未来へチャレンジし、新しい道を切り拓いていく」という3つの姿勢とともに、社員の力を発揮するための「Open(風通しの良い)な企業風土」、そして現場の社員こそが主役であるという「現場主義」を重視するものです。

この考えが示すように、成田国際空港がさらなる進化を果たすための原動力となるのは、各部署で働く社員一人ひとりにほかなりません。そこで、社員が働きやすい環境づくりや、人材育成のための諸制度の拡充に努めています。その一方で、社員に対しては、会社が準備する環境に頼るだけでなく、自ら成長しよう、挑戦しようとする意欲を大切にしてほしいと思っています。

そこで、私は成田国際空港の未来を担う皆さんに、「考えよう、考えるからこそ人間には価値がある」というメッセージをお送りします。常にアンテナを高くして環境変化をキャッチし、絶えず「なぜそうなのか」と考え、行動することに、人が介在する意味が出てくるからです。

広く社会から信頼され、選ばれる空港へと発展させていくためには、最後には社員の知恵や工夫、創造力、自発性、そして強固な使命感こそがモノを言います。私たちの経営理念に共感し、ともに成田国際空港を発展させていこうという使命感と責任感を持った、意欲あふれる仲間を心待ちにしています。一緒に成田国際空港の未来を切り拓いていきましょう。