ENTRY & LOGIN

NAAの仕事

共通

共通イメージ写真

NAAの職種は大きく「事務系」と「技術系」に分かれますが、ここで紹介する部署は、双方の職種の社員が所属する部署です。
会社あるいは空港全体に関わってくるため、扱う業務内容も非常に幅広く、多種多様な仕事があります。

経営計画部

将来の需要予測に基づき、中長期的な経営計画や投資計画といった年度の事業計画策定等を行い、NAAがどんな戦略を持って経営を行っていくか、どんな空港を創っていくかを中心となって考える、その道標を作るのが経営計画部です。また、海外空港や各国際機関との窓口や海外空港への技術支援事業等の国際的な業務も行っています。まさにNAAの経営戦略の中枢となるセクションです。

keyPerson Interview

関連事業部

NAAグループには14の連結子会社のほか、関連会社2社と3つの関係財団があります。関連事業部は、NAAとグループ会社を繋ぐパイプ役として、連結子会社等の経営に関する基本方針、経営計画及び事業計画等を策定し、各社に対する業績評価も行うなどグル―プ全体の経営体制の強化を推し進める役目を担っています。

IT推進部

最先端のIT技術により、セキュリティや運用効率などの空港手続全体の最適化を目指し、より便利で機能的な国際空港を実現させる『i-airport』プロジェクトの推進をはじめ、成田空港の運営やNAAの業務に必要なシステムを開発・運用し、より効率的な空港の運営とお客様に満足していただける便利で楽しい空港づくりを進めています。

地域共生部

NAAが目指す「地域と共生・共栄する空港」その実現に向けて中心となっているのが地域共生部です。
空港があることで周辺地域には経済効果を生み出す一方、騒音などマイナスの影響をもたらすという面があります。住宅や公共施設の防音工事の助成、移転補償、電波障害対策、騒音に関する調査などを手掛ける他、地域振興や地元の方々からの窓口となる重要な役割を果たしています。また、成田空港が環境に優しい循環型空港であるために「エコ・エアポート基本計画」の策定をはじめ、環境に関する様々な取組みを行っています。また、空港周辺の自然環境保全や、周辺社会とのコミュニケーションの一環として小学5・6年生を対象とした「成田空港エコ・キッズクラブ」を開催し成田空港エコツアーを実施するなど、面白い取り組みも次々生まれています。

地域共生部イメージ写真

keyPerson Interview

CS推進部

NAAおよび成田空港におけるCS(Customer Satisfaction:お客様満足)推進に係る企画、立案、総合調整などを行っています。お客様から寄せられる声の集約やお客様満足度調査、CS推進委員会などNAA社内での活動だけでなく、成田空港CS協議会(空港内企業で構成)、スタッフのCS意識を高めるための「CSセミナ-」の開催など社外に対しても様々な角度から成田空港のCS向上を進めています。

給油事業部

NAAでは、千葉港から成田空港まで50km近いパイプラインを設置し、航空燃料を輸送しています。空港内ではハイドラント方式と呼ばれる方法で駐機する航空機の真下から燃料が搭載されます。このようにタンカーで運ばれてきた燃料が航空機へ搭載されるまでの施設を担当しているのが給油事業部。日々の保守・点検・訓練に加え、石油元売会社や航空会社との施設使用料などに関する契約や収入管理も担当しています。

給油事業部イメージ写真

keyPerson Interview

総合安全推進部

「安全を徹底して追及し信頼される空港」を実現するため、成田空港の「安全」を様々な角度から追求し、さらに推進することを目的としています。具体的には、安全推進委員会・安全推進講演会の開催等による啓発活動をはじめ、安全総点検・定期安全監査の実施、また、大規模地震やテロのような災害、事故等が発生した場合の行動計画を示した事業継続計画(BCP)の策定も行っています。また、施設の運用及び保守並びに空港保全技術に係る総合調整業務では、運用施設の更新及び改修工事に係る中長期実施計画の策定なども行っています。

総合安全推進部イメージ写真

調達部

「より良いものをより安く」をモットーに、工事やモノを調達するため、透明性、公平性、競争性を保った調達を行っています。契約の内容に応じた最適な契約方法や価格交渉などにより、会社に最も有利な調達を行う調達のスペシャリストです。