ENTRY & LOGIN

先輩社員の声 技術系

情報通信系整備部
通信無線グループ

平澤 裕介

2004年度入社

平澤 裕介の写真

PROFILE

ニューヨークで1年間の長期研修を経験。休日はフルマラソン大会に参加したり、ハイキングしたりとアクティブに過ごす。

現在の仕事について教えてください。

成田国際空港の計画に基づき、計画実現に必要な通信設備の設計を行っています。どの場所に何をどのように配置していくかという仕様を決めるために、部内・部外の社内関連部署、航空会社、警備会社等様々な方々の要望を聞きながら、工事発注までの設計、契約手続きを行うという流れです。一口に通信設備といっても、フライトインフォメーションや空港内無線LAN、火災報知機や放送スピーカーなど多岐にわたるため、グループのメンバーで手分けをして業務にあたっています。詳細設計に関しては自分たちで手を動かすのではなく、設計会社に依頼するため、こちらの依頼内容と上がってくる設計書に隔たりがないかどうか確認することも大切な仕事ですね。

NAAに入社した決め手を教えてください。

一つの都市にも匹敵する国際空港というスケールの大きさや華やかさに惹かれ、NAAの採用試験を受けました。就職説明会や空港見学のときに、こちらの質問に対して親身に話してくれる先輩社員や、とても話しやすい人事担当者と出会い、温かい雰囲気が伝わってきたことも入社の決め手ですね。また、会社について理解を深めていくなかで、NAAではさまざまな業務に挑戦できることが分かり、ひとつのことをじっくりやるよりも、いろいろな業務を経験したいと考えている自分に合っているかもしれないと感じました。

入社前と入社後で感じた「ギャップ」を教えてください。

入社前はまだ「公団」だったので、なんとなくカタい会社というイメージを持っていました。でも実際に働いてみると、決してそんなことはなく、頭の柔軟な人が多いなぁという印象を受けましたね。仕事に関するところでは、いろいろな業務を経験したいと思ってNAAに入社したのにもかかわらず、その業務のあまりの幅広さに入社後、驚かされることになりました。例えば、「情報通信」という分野だけでも、空港内に本当にたくさんのシステムがあるんですよ。でも業務範囲が広い分、やりがいも比例して大きくなりますね。

仕事でのエピソードを教えてください。

ニューヨーク研修の様子

入社後厳しくもやさしい先輩の教育のおかげで他人に対する気遣いができるようになったと思っています。仕事は個人ではなくチームワークでやるものと考え、相手の立場を尊重して行動できるようになりました。今後の目標は、通信部門及び航空業界の幅広い知識を身に付け、成田国際空港の機能拡充や快適性向上に貢献すること。そして、仕事一辺倒になるのではなく、人との会話や読書を通じて一般教養を身に付け、バランスの良い人間になることです。NAAでは自分の心がけ次第で、いろんな人と交流できます。ニューヨーク研修で出会った人や社外の担当者との交流も大切にしていきたいです。

成田空港の魅力世界トップレベルを体感できる職場

職場イメージ

成田国際空港は、日本を代表する国際空港というだけでなく、世界的にもトップレベルの空港です。だから常に世界を意識して働けることに喜びを感じています。ちなみに、私は1年間、ニューヨークエリアの空港で長期研修を受けたことがあるのですが、そのときあらためて「成田国際空港の素晴らしさ」を感じました。また、霧の中でも安全に航空機を着陸させるための航空保安無線施設など、空港ならではの珍しい技術を用いたものがたくさんあるので、関心がある人にとっては、本当に興味がつきない職場なのではないでしょうか。

業務に関わる主な人

  • 施設保全部
  • 施工会社
  • 設計会社
  • 航空会社
  • 空港スタッフ
  • グループ会社

1日のスケジュール

8:30
メールチェック
9:00
グループ内ミーティング
10:00

PICK UP旅客ターミナルビル改修打ち合わせ

社内外の打ち合わせが多いです。様々な意見に振り回されすぎず、コストやスケジュールも意識しながら先手、先手で業務を進めていくことを心がけています。

打ち合わせの様子

12:00
昼食
13:00
打ち合わせの内容を踏まえて社内で仕様の再検討
15:00
契約手続きに関する資料作成
17:30

PICK UP発注工事の積算チェック

設計図は設計会社に依頼しますが、NAAの目的を汲んでいるものかどうか、途中経過をたびたび確認しながら進めています。待ちの姿勢ではうまくいきませんね。

仕事イメージ

学生さんへのメッセージ

就職活動中は自分のやりたいことがわからずに、さまざまな業界の説明会やセミナーに参加しました。でも、そのおかげで各業界や会社の特色をつかむことができましたし、自分のやりたいことや理想の環境がクリアになったのです。NAAとの出会いも最初は偶然でしたが、徐々に志望度が上がっていきました。「自分はこういう分野で活躍したい」という強い気持ちはもちろん大切ですが、少し視野を広げて別分野の研究をしてみると、意外な出会いがあるかもしれません。何事もプラスにとらえて就職活動に励んでください。