ENTRY & LOGIN

先輩社員の声 事務系

事務経営計画部
国際事業室

宮下 雄登

2011年度入社

宮下 雄登の写真

PROFILE

国際事業室に異動後、初めて行った海外出張で自分の英語力の乏しさを痛感したのをきっかけに、英会話の勉強をスタート。現在も週末の英会話スクールで楽しみながら英語力を上げている。

現在の仕事について教えてください。

私の所属する国際事業室には大きく2つの役割があります。1つは世界の空港管理者などが集まる国際会議の場で成田空港の情報を発信したり、海外空港や海外の関係機関などの窓口となる業務。もう1つは、海外空港の運営支援や研修生の受け入れの業務です。私は前者の業務を担当しています。海外空港から視察のリクエストや質問が寄せられた際には、関係者と調整を行い、視察受け入れの準備をしたり、回答ができるようにします。逆にNAA社内各部署から海外空港への視察やヒアリングの要望が寄せられた場合には、海外空港にリクエストを出します。このような業務を通じて海外空港との良好な関係性を構築していくことで、互いの空港運営に必要な情報をスムーズにとることができ、日々の運用や今後の計画策定などに役立てることができます。

NAAに入社した決め手を教えてください。

私は就職活動の際に「文系の学生でも形に残すことができる仕事」、「日本を元気にする仕事」、「将来の自分の子どもに誇れる仕事」という大きく3つの軸を基に業種や企業を選定していました。
NAAのことは、たまたま就活サイトで社名を見つけ知りましたが、調べていくうちに、空港という巨大な敷地の中に様々な施設を作っていくという仕事が自分のやりたいことと合っているのでは、と思い興味を持ちました。そして、日本を代表する国際空港である点や、常に時代のニーズに応えるため進化を続けているという点がすごくカッコ良く映り、自分もこの会社に入って仕事をしたいなと思うようになりました。

入社前と入社後で感じた「ギャップ」を教えてください。

思っていた以上にドメスティック(国内向け)な業務が多いということを入社してから感じました。国際空港と言えども、成田という内陸に位置する空港であることから、「周辺地域との共生・共栄」はいかなる仕事を進めていくうえでも非常に重要な観点として社内全体が意識しています。

仕事でのエピソードを教えてください。

世界中には数多くの空港がありますが、実は空港によってその運用方法や取り組んでいるサービスは、千差万別。海外空港から視察などのリクエストをもらった際は、相手空港の状況やバックグラウンドを考慮しながら、相手が「どのようなことを成田空港から学びたいのか」を引き出していきます。相手空港や社内との調整を重ねながら、会議で成田のどのような取り組みを紹介したら良いかを擦りあわせていく過程に難しさを感じますが、その難しさがやりがいにもつながります。熱いディスカッションが交わされたあとに、帰り際「おかげでとても有意義な会議になったよ。今度はぜひ私たちの空港も見に来てください」と相手側から笑顔で握手された時には、頑張ってコーディネートした甲斐があったなと感じます。

成田空港の魅力空港にいる時間を楽しくするイベント

成田空港では、旅行や空港見学に来られたお客様に、空港での時間を楽しんでいただくためのイベントを数多く行っています。例えば、第1ターミナル5階にあるラジオスタジオでは毎週、千葉のFMラジオ局「bayFM」の番組の公開生放送が行われ、時々ゲストライブなども行われています。またイベントステージでは、海外のお客様を中心に、日本の文化を体験して楽しい思い出を作っていただけるようなイベントも開催しています。

業務に関わる主な人

  • 経営計画部
  • 旅客ターミナル部
  • リテール営業部
  • CS推進部
  • 保安警備部
  • IT推進部
  • 海外空港
  • ACI(Airports Council International(空港評議会))

1日のスケジュール

8:30

PICK UP海外空港と電話会議

時差の関係や残業をしない海外の習慣もあり、長時間の会議を行うのは良くないので、なるべくコンパクトにまとめられるよう、事前に議題や要点を洗い出して、準備をした上で会議に臨みます。

9:30
メールチェック
10:00
視察対応の準備
11:00
グループ内で視察対応に関する最終打ち合わせ
12:00
昼食
13:30

PICK UP海外空港からの視察対応

空港という場所柄、日本に到着後すぐ、あるいは出発前に会議や視察が行われることもしばしばです。会議の進行状況やフライト時間に合わせて臨機応変に対応ができるよう、当日は関係者と密に連携をとります。

17:00
メール処理

学生さんへのメッセージ

今はインターネットで何でも簡単に情報が揃う時代ですが、そんな時代だからこそ、アナログな方法で情報収集することが重要かなと思います。興味をもった企業には説明会に参加したり、OB・OG訪問をするなどして、足を動かして情報をとり、そして実際に肌でその会社や社員の雰囲気を感じてみてください。企業選びの際には、規模や待遇などを重視する方も多いかと思いますが、「一緒に働く仲間」や「会社の社風」の方がより重要だと感じています。「この人と一緒に働きたい」と思える社員がその会社にいるかどうか、という視点で会社を見てみることをおすすめします。