ENTRY & LOGIN

先輩社員の声 技術系

建築系整備部
建築グループ

中村 咲希

2007年度入社

中村 咲希の写真

PROFILE

趣味は旅行で、旅先で散歩をしながら美術館やカフェを巡ったりして、ゆったりとした時間を過ごす一人旅が最近のお気に入り。

現在の仕事について教えてください。

私の所属する整備部では、空港計画部が作成した基本計画にもとづき、空港内施設の増改築や新築の基本設計・実施設計、工事費の積算、工事発注までの契約手続きを行っています。例えば、成田国際空港の第2旅客ターミナルビルは増築を繰り返していますし、「ナリタ五番街」という免税店フロアも増築エリアにつくられたもので、そのようなプロジェクトに私たちが関わっているのです。社内の関係部署をはじめ、航空会社、警備会社、行政機関など、さまざまな関係者との調整が必要となり、それぞれの要望を取り入れ、また成田国際空港としての方針を持ちつつ、設計をまとめています。

NAAに入社した決め手を教えてください。

就職活動を始めたころは建築に関わる仕事をしたいと思い、ハウスメーカーやゼネコンなどを受けていました。しかし、成田国際空港に建築技術を活かせる仕事があることを知り、「建築屋」であり、かつ「空港屋」でもあるというところに、強く惹かれました。採用試験を通して「ここでしかできない仕事がある」と感じ、自分の中で成田国際空港で働きたいという思いが強くなっていきました。そして、非常に限られた採用枠の中で自分を選んでいただいたことに対する喜びと期待、航空業界という華やかで夢がある舞台への憧れも入社の決め手になりましたね。

入社前と入社後で感じた「ギャップ」を教えてください。

NAAの建築の仕事には、毎日決まった仕事をくり返すルーチンワークがありません。成田国際空港をとりまく環境の変化、日々起こる出来事の影響で、毎日新しい仕事に取り組むことができることが意外でした。また、若手に与えられるチャンスも考えていたよりも多く、ベテラン社員が「何かいいアイディアない?」と声をかけてくれることもあります。そこで「こんなことをやってみたい!」という熱意と、それを実現するための手間を惜しまなければ、自分の考えをカタチにできるという、嬉しいギャップを感じました。

仕事でのエピソードを教えてください。

和的整備の写真

「第2旅客ターミナルビル到着コンコース和的整備」というプロジェクトが印象に残っています。日本に到着したお客様が初めて目にする空間で、海外のお客様向けには「ようこそ」、帰国されたお客様向けには「おかえりなさい」を表現するため、日本の伝統文化を壁面アートとして500mの通路で紹介するというものです。また、最近になって、これに追加展示を加えることになりましたが、伝統文化の解釈を間違えて展示するのは恥ずべきことですし、職人の方々にも失礼に当たります。展示には細心の注意をはらい、何度も何度も現場に足を運びました。最終的には、関係者からお褒めの言葉を頂戴したのですが、その瞬間、すっと体が軽くなり、涙が出そうになりましたね。空港の仕事のスケールの大きさと、日本を代表する建築を手がけることへの責任を実感したプロジェクトでした。

成田空港の魅力受け継がれる先輩たちの思い

図面の写真

成田国際空港は少しずつ姿を変えながら成長し続けています。例えば、第2旅客ターミナルビルは完成から20年ほど経っていますが、その間、何百件もの改修工事が行われており、小規模な修繕にいたっては数え切れないほどです。改修工事を行う際は、新築時の図面を見たり、当時の担当者に話を聞いたりすることがありますが、その都度、ひとつひとつの工事に担当者の思いが詰まっていることに気づかされます。図面に押されている当時の担当者の印には重みがありますし、担当者に改修について話すと「そうか、あの場所はなくなってしまうのか…」などと残念がられることも。このように、長い歴史と共に積み重ねられてきた社員の思いが詰まった施設であることも、成田国際空港の魅力だと思います。

業務に関わる主な人

  • 旅客ターミナル部
  • 空港計画部
  • 調達部
  • 設計会社
  • 航空会社
  • 行政機関

1日のスケジュール

9:00
メールチェック
9:30
建築グループ内ミーティング
10:00
資料集め これから建設作業に入る敷地や関連する建物について、過去の膨大な資料の中から、必要なものを探し出し、整理します。
12:00

PICK UP昼休み

お昼休みはグループのメンバーで食事をすることが多いです。新人から管理職まで、冗談を言い合いながら、和気あいあいと過ごしています。

昼休みの様子

13:00
設計成果品のチェック
16:00

PICK UP設計会社との打ち合わせ

設計作業の進捗について確認を行い、確認・決定が必要な項目について打ち合わせをします。やり直しが発生しないよう、ひとつひとつ確認して進めています。

打ち合わせの様子

17:30
資料作成等

学生さんへのメッセージ

就職活動中ほど自分自身について振り返ることはないのではないでしょうか。でも、頭の中で考えるだけでなく、いろんな会社に足を運んで、さまざまなものに触れてみることも大切だと思います。「建築をしたいからハウスメーカーやゼネコンに就職する」「デザインが好きだから設計事務所に入る」などと決めつけなければ、私がNAAと出会ったときのように、活躍できる場所は意外なところにあると気づくかもしれません。インターネット上での情報収集だけでは感じとることのできないものが、世の中にはたくさんありますよ。