料金

ビジネスジェット専用ターミナル使用料

到着または出発1回ごとに250,000円(消費税及び地方消費税別)
※国際線のみ

その他のビジネスジェットに関する料金

機種別の料金例 (国際線)

機種 条件 着陸料
(*2)
停留料
(6時間未満)
(*3)
ビジネスジェット
専用ターミナル
使用料
(*4)(*5)
合計
最大離陸
重量
航空機騒音
インデックス
(*1)
GLF5 42t A 65,100円 8,400円 500,000円 573,500円
GLEX 45t A 69,750円 9,000円 500,000円 578,750円
CL60 22t A 50,000円 4,400円 500,000円 554,400円
F900 23t B 50,000円 4,600円 500,000円 554,600円
GL5T 40t A 62,000円 8,000円 500,000円 570,000円
  1. 上記の航空機騒音インデックスは一般的な区分ではなく、あくまで参考例です。航空機騒音インデックスは、国際民間航空条約付属書16章第1巻第3章(ICAOチャプター3)に定められている騒音基準値と各航空機の騒音証明値との差によって決定され、航空機の型式、重量、エンジンの種類、その他の条件によって異なるため、正確な判定には、重量及び騒音データの提出が必要です。
  2. *国際線着陸料は、航空機騒音インデックスの区分に応じて設定した料金率(A=1,550円/t、 B=1,650円/t、 C=1,750円/t、 D=1,850円/t、 E=1,950円/t、 F=2,000円/t)に、最大離陸重量(MTOW)を乗じて算出した額となります。
    ただし、その額が50,000円に満たない場合には、最低着陸料50,000円が適用されます。
  3. 6時間以上の場合は、6時間以降24時間毎に、6時間未満の場合と同額の料金が加算されます。
  4. ビジネスジェット専用施設使用料には別途消費税及び地方消費税がかかります。
  5. ビジネスジェット専用施設使用料は到着・出発の両方で使用した場合の料金です。

機種別の料金例 (国内線)

機種 条件 着陸料
(*2) (*4)
停留料
(6時間以上24時間未満)
(*3) (*4)
合計
最大離陸重量 平均騒音値(*1)
GLF5 42t 86EPNdb 63,200円 7,560円 70,760円
GLEX 45t 87EPNdb 71,100円 8,100円 79,200円
CL60 22t 86EPNdb 34,400円 3,960円 38,360円
F900 23t 87EPNdb 38,900円 4,140円 43,040円
GL5T 40t 85EPNdb 56,800円 7,200円 64,000円

※国内線ターミナルビルを使用した場合、別途国内線施設使用料がかかります。(詳細につきましては、別途お問い合わせください)

  1. 航空機の離陸測定点及び進入測定点における騒音値の相加平均値です。また、上記の数値はあくまで参考例であり、各航空機の型式、重量、エンジンの種類、その他の条件によって異なります。
  2. 国内線着陸料は、最大離陸重量 (MTOW)及び平均騒音値によって算出されます。算出方法の詳細については、「各料金の詳細」ページをご覧ください。
  3. 6時間未満の停留は無料です。24時間以上の場合は、以後24時間毎に、上記と同額の料金が加算されます。
  4. 着陸料・停留料には別途消費税及び地方消費税がかかります。

PAGE
TOP