空港周辺における高さ制限~航空法に基づく物件の制限~

成田空港周辺では、航空の安全を確保するため、一定の空域を障害物がない状態に保つ必要があります。
そのため、航空法に基づく制限表面(進入表面、転移表面、水平表面、延長進入表面、円錐表面、外側水平表面)を設けています。
この制限表面を超える高さの物件等※を設置することはできません。
※物件等は、建物・アンテナ・避雷針・クレーン・工事用クレーンなど一時的に設置される物件、看板・電線・電信柱、植物、或は上空に浮揚するアドバルーンやドローン、ラジコン飛行機等も該当します。

制限表面について

制限表面概略図

平面概略図

断面概略図

進入表面

(航空法 第2条 第7項)
この法律において「進入区域」とは、着陸帯の短辺の両端及びこれと同じ側における着陸帯の中心線の延長三千メートルの点において中心線と直角をなす一直線上におけるこの点から三百七十五メートル(計器着陸装置を利用して行う着陸又は精密進入レーダーを用いてする着陸誘導に従って行う着陸の用に供する着陸帯にあっては六百メートル)の距離を有する二点を結んで得た表面をいう。
(航空法 第2条 第8項)
この法律において「進入表面」とは、着陸帯の短辺に接続し、且つ、水平面に対し上方へ五十分の一以上で国土交通省令で定める勾配を有する平面であって、その投影面が進入区域と一致するものをいう。

水平表面

(航空法第2条第9項)
この法律において「水平表面」とは、空港等の標点の垂直上方四十五メートルの点を含む水平面のうち、この点を中心として四千メートル以下で国土交通省令で定める長さの半径で描いた円周で囲まれた部分をいう。

転移表面

(航空法第2条第10項)
この法律において「転移表面」とは、進入表面の斜辺を含む平面及び着陸帯の長辺を含む平面であって、着陸帯の中心線を含む鉛直面に直角な鉛直面との交線の水平面に対する勾配が進入表面又は着陸帯の外側上方へ七分の一であるもののうち進入表面の斜辺を含むものと当該斜辺に接する着陸帯の長辺を含むものとの交線、これらの平面と水平表面を含む平面との交線及び進入表面の斜辺又は着陸帯の長辺により囲まれる部分をいう。

延長進入表面

(航空法第56条第2項)
延長進入表面は、進入表面を含む平面のうち、進入表面の外側底辺、進入表面の斜辺の外側上方への延長線及び当該底辺に平行な直線でその進入表面の内側底辺からの水平距離が一万五千メートルであるものにより囲まれた部分とする。

円錐表面

(航空法第56条第3項)
円錐表面は、水平表面の外縁に接続し、且つ、空港の標点を含む鉛直面との交線が水平面に対し外側上方へ五十分の一以上で国土交通省令で定める勾配を有する円錐面であって、その投影面が当該標点を中心として一万六千五百メートル以下で国土交通省令で定める長さの半径で水平に描いた円周で囲まれるもののうち、航空機の離陸及び着陸の安全を確保するために必要な部分とする。

外側水平表面

(航空法第56条第4項)
外側水平表面、前項の円錐面の上縁を含む水平面であって、その投影面が空港の標点を中心として二万四千メートル以下で国土交通省令で定める長さの半径で水平に描いた円周で囲まれるもの(投影面が水平表面又は円錐表面の投影面と一致する部分を除く。)のうち、航空機の離陸及び着陸の安全を確保するために必要な部分とする。

成田空港の制限表面区域図

具体的な地点における制限表面高さについては、「成田空港高さ制限回答システム」で確認いただけます。
高さ制限に関する問い合わせや、「成田空港高さ制限回答システム」に関する問い合わせは、照会窓口までご連絡ください。

成田空港高さ制限回答システムは、以下のブラウザでご覧ください。

  • Microsoft Edgeの最新バージョン(Windows)
  • Internet Explorer 10および11(Windows)注:Internet Explorer の互換表示には対応していません。
  • Firefoxの最新および旧バージョン(Windows、macOS、Linux)
  • Chromeの最新および旧バージョン(Windows、macOS、Linux)
  • Safariの最新および旧バージョン(macOS)

照会窓口

成田国際空港株式会社 空港運用部門 オペレーションセンター

住所
〒282-8601 千葉県成田市成田国際空港内NAAビル
電話
0476-34-4650(平日・土日祝日 9:00~17:00)

※なお、照会のご回答には5営業日前後頂戴いたしますので、予めご了承ください。

PAGE
TOP