離着陸制限(カーフュー)内運航について

成田空港では、1978年の開港以来、23時から翌朝6時までの時間帯は原則として離着陸を禁止しておりましたが、2019年10月27日からA滑走路の運用時間が1時間延長となり、24時までの離着陸ができるようになりました。なお、24時以降の離着陸については、成田空港における台風、大雪等の悪天候の場合や、航空機の安全や乗客の生命に係る場合等、緊急又はやむを得ない場合に限定し、緊急事態として離着陸を認めています。

また、2013年3月31日から、出発地空港の悪天候等、航空会社の努力では対応できないやむを得ない場合に限り、23時台の離着陸を認める「離着陸制限(カーフュー)の弾力的運用」が開始され、2019年10月27日からの弾力的運用の運用時間はA滑走路において、24時から24時30分までとなっています。(B滑走路は23時から24時)

以下では、「弾力的運用」及び「緊急事態(従来取決め)」について、2013年3月31日以降のカーフュー内運航発生状況を公表しております。

ご希望される方には、離着陸制限時間帯に運航が発生する場合、事前及び事後に携帯電話などへのメール配信にて、運航状況をお知らせいたします。

弾力的運用

24時から24時30分まで離着陸(A滑走路)、23時から24時までの離着陸(B滑走路)で以下の事例に該当する場合

  • 出発空港での遅延
  • 他空港での一時避難による遅延
  • 玉突きによる遅延
  • 成田への引返し
  • やむを得ない理由による遅延
    ※航空会社側の事情により発生するものを除き、気象等のやむを得ない理由によるものに限る。

緊急事態 (従来取り決め)

24時から6時までの離着陸( A滑走路)、23時から6時までの離着陸(B滑走路)で以下の事例に該当する場合

  • 機体の安全上の異常事態
  • 急病人の発生等生命に係る異常事態
  • 捜索、救難
  • 成田空港での異常気象など

PAGE
TOP