成田空港と環境のおはなし

  飛行コース編
    落下物編     大気質編     航空機騒音編     水質編    
飛行コース編
空にもある航空機の“交通ルール”
落下物編
航空機からの落下物防止対策
大気質編
きれいな空気を守るために
航空機騒音編
航空機騒音対策への取り組み
水質編
大切な水に目を向けて
 
航空機が安全に飛行し、また、航空機騒音が広がらないように、成田空港では航空機の飛行コースを日夜、監視し続けています。でも、「どうやって監視しているの?」と思われるかもしれませんね。実は空にも交通ルールがあるのです。
航空機からの落下物をいかにして防ぐか、国土交通省・NAAは懸命に取り組んできました。成田空港の場合、これまでの対策はかなり効果をあげています。
空港が周辺区域の大気質に影響を及ぼすことのないよう、きれいな空気を守るための対策を講じています。
航空機の騒音は、空港周辺の住民の方々にとってきわめて深刻な問題なので、成田空港では航空機騒音の対策に最大限の努力をしています。
成田空港では周辺地域の河川や井戸水などに目を向け、その大切な水を守るためのさまざまな取り組みを行っています。