地域と共生する空港づくり大綱

  1. 基本的な考え方
  2. 地域と共生する空港をめざして
  3. 国際交流の拠点にふさわしい空港づくり
  4. 地域づくり
  5. おわりに
  6. 【参考】エコ・エアポート基本構想

【参考】エコ・エアポート基本構想

「成田空港問題円卓会議」の結論の一環として設置された「地球的課題の実験村」構想具体化検討委員会が1998年5月1日に発表した報告書「若い世代へ-農の世界から地球の未来を考える」では、現代社会が突き当たった地球環境問題や資源エネルギーの枯渇などの問題を解決するため、人間と自然環境の関わりを踏まえ、循環を基礎として自らを律していくという考え方(実験村の理念=「農的価値」)を大事にする必要があるとの認識が示されました。

NAAは、この考え方を真摯に受け止めると同時に、空港が周辺地域の自然環境や農業にさまざまな影響を与えてきたことを思い、環境への負荷やエネルギー消費をできる限り小さくした循環型の空港づくりを目指すこととし、地球的視野に立った循環型の空港づくりと周辺地域の農業の再生への協力を2つの柱とする「エコ・エアポート基本構想」を98年5月27日に発表しました。

エコ・エアポート基本構想の構成は、「地球的視野にたった循環型の空港づくり」と「空港周辺地域の農業の再生への協力」に分けられ、「地球的視野にたった循環型の空港づくり」は、1.水循環の視点(中水・雨水利用、雨水の地下浸透)、2.エネルギーと大気質の視点(コージェネレーション、低公害車導入計画、太陽光発電、GPU)、3.自然環境の視点(植樹等緑化の推進、多自然型川づくり)、4.廃棄物の視点(ごみのリサイクル、再生資源の利用、刈り草・コンポストの提供、ごみ焼却廃熱の利用)、5.取組みの広がり(エコ・エアポート推進懇談会の活用、各国の空港担当者に環境施策を紹介)があり、「空港周辺地域の農業の再生への協力」は、移転跡地の適正な管理(農業に配慮した保全のあり方)と、新たな農業振興貸付け(農業者育成プログラムの研修の場、循環境型農法の実戦、都市生活者等の啓蒙・体験プログラムの提供等)がある。

PAGE
TOP